飯室 悠紀子さん(オモ・日本画クラス・近藤講師)

 『 青の淵 』

 ひとことコメント

昨年の夏、信州安曇野の美術館巡りをしていた時、睡蓮の花がいっぱい咲いている池に偶然出会った。

訪れる人もなく辺りは夏の午後の静寂にみちていた。

かの東山魁夷もその昔、信州の山奥で青い花がひっそりと咲く池をみつけた時、この場所を誰にも教えたくない

と言っているが、私も同じ感覚を覚えた。写真をいっぱい撮って帰り半年かけてようやく仕上げた。

花をすっきり描くのには苦労した。色を塗り、色を拭う、そして又色の塗るを何度も繰り返すうちに

小さな絵の中にあの夏の静寂が込められていった。

時々〝先生ヘルプ”を絶叫、良い勉強になって楽しかった。

次回作は・・・

山梨の田舎の畑の野菜や花、特に立葵

icon11近藤先生のコメント

長物の軸も似合いそうな、夏の構図が切り取られました。

深い深い碧の淵に浮かんだ花弁は、透明に、光を蔵しているようです。