板橋さん(オモ・日本画クラス・遠藤講師)

art タイトル 『 酒井抱一 八橋図屏風 部分模写 』

ひとことコメント
初めて岩絵の具で着色しました。

やってみて岩絵の具を均一に塗る難しさを実感しました。

原画に比べて絵の具の層が厚くなり重たい感じになってしまったのが残念です。

それと、金泥も初めて使ったのですが、こちらは扱い易くて助かりました。

《次回作は・・・》

次は人物画にするか風景画にするかを迷っていて、まだ決めていません。

少し人物デッサンを練習できたらと思っています。

遠藤先生のコメント

八橋図は光琳、抱一へと受け継がれている題材ですが、光琳の燕子図よりも抱一の方がより鮮やかな色彩感覚です。

天然岩絵具の輝きに迫るべく、天然と新岩をバランス良く混ぜながら丁寧に平塗りされました。

江戸時代のからりと明るい造形性をしっかり探求されました。