Aさん(日本画クラス・近藤講師)

『貝合わせ』

貝あわせとは平安時代の貴族文化の中でうまれた、

トランプの神経衰弱のように、対になった貝をあてる遊びです。

貝そのものの形や柄や、内側に描かれた絵の美しさを競い合う事も、

大切な遊びの要素です。源氏絵が描かれる事が多いと聞きます。

貝がらの内側に描く事は、ツルッとした曲面の上に絵具をのせたり、箔を押したり、なかなか難しい作業なんですね。

絵具や箔が剥がれたりして、途中何度か塗り直しもありましたが、コツを掴まれながら、美しい貝絵が出来ました。