井出唯英菜ちゃん(エビス・ジュニアクラス・飯島講師)

イトル「ビンとビー玉をながめるハチ」

ひとことコメント

ハチやビンのかたい感じや、布のふわふわした影を表すのが難しかったです。

また、背景の色や台のかきかたで空間の見えかたがすごく変わるんだな、と学びました。

次回作は?

次は、絵の具を使って絵を描きたいです。

飯島先生のコメント

いつも対象とひたむきに向き合う唯英菜ちゃん。

色鉛筆での着彩も、一色一色をじっくり考えて選びとり、色が混ざり合うその響きに静かに耳を傾けながら色を紡いでゆく姿勢は、絵と真摯に向き合っていて、とても美しいなと思います。

今回は余白が大きい構図でしたが、あたたかい春の陽光のような空間演出と、台を一部だけ取り入れた表現が特徴的ですね。

色鉛筆で培った繊細な色彩感覚を活かして、絵の具でも唯英菜ちゃんの美しい世界をたくさん表現して下さい!