ゆうきくん(ミタカ・ジュニアクラス・柳講師)

イトル「ぼうけんたからをさがせ」

ひとことコメント

くふうしたことは、ドラゴンの目をやられた目にした。

次回作は?

じ回は、おしろとにんじゃの絵をかきたいです。

柳先生のコメント

この作品は、F6スケッチブックの画用紙を2枚繋げて描いた大作です。

大きな絵の迫力に圧倒されますね!

初めは1枚の画用紙に、アトリエにある帆船模型を観察しながら描いていました。

船を描き終わって「海の中も描いてみたい」「ドラゴンを描いてもいい?」次々にアイディアが浮かんできて、描ききれなくなったので画用紙を繋げることにしました。

帆船模型から、ゆうきくんのイメージが膨らみ、最後は雄大な海を冒険する宝探しの物語に発展しました。

船の描写は細かく丁寧に描いいて、立体的な帆も上手に描けています。ドラゴンと戦う為に、大砲を加えたり船のデザインを格好良くアレンジしていて、男の子の夢が一杯つまった船に仕上がっています。

攻撃されたドラゴンの表情から戦いの激しさが伝わります。

燃え上がる炎は色鉛筆を何色も重ねて、勢いよく燃えている様子が表現できていますね。

アイディアがひらめいた時の、ゆうきくんのキラキラした目。頭の中のイメージを画用紙に描いていく時の、勢いがあってのびのびとした線。本当に活き活きしていて、絵を描くって楽しいな~と心から思える瞬間でした。

これからもこの豊かな感性を活かして、沢山絵を描いていこうね。

次回作も楽しみにしています!!