きくち はるちゃん(エビス・ジュニアクラス・飯島講師)

イトル「朝日」

 

ひとことコメント

色のぼかしが難しかったです。でも、うまく描けました。

光をうまく使って、雲を描くことにこだわりました。

次回作は?

ふうけいを描きたいです。

飯島先生のコメント

ちょっと涙が出そうなくらいきれいな絵ですね。

太陽が真っ白に光り輝いて、優しい希望が湧いてくるようです。

はるちゃんは水彩、パステル、色鉛筆、どの画材でも、はるちゃんならではの力加減とセンスで「描き込みすぎない絵」を作るのがとても上手だと思います。

絵のなかに、心地よい空気が広がっていて、眺めているとホッと穏やかな気持ちになれます。

はるちゃんの優しさがその空気に中に溢れているようです。

画用紙に水をひきながら、水彩絵の具の滲みもうまく利用できました。

太陽の光はパステルを使って白い透明感ある輝きに仕上げています。

これからもはるちゃんのきれいな心が写った風景画をいっぱい描いて下さいね!