コース2_人物, 制作年_2020年, 教室1_アトリエ・エビス, 画材5_鉛筆デッサン

キムさん(エビス・人物画クラス・山中講師)

タイトル「黒い腰紐の女 ※夫命名」 ひとことコメント 今回2枚目になります。 伏し目と唇がとっても魅力的なモデルさんだったので、そこを表現したかったのですが、夫には腰紐が一番印象的だったようです…。 次回作は? いろんな
コース2_人物, 制作年_2020年, 教室1_アトリエ・エビス, 画材5_鉛筆デッサン

KSさん(エビス・人物画クラス・廣田講師)

タイトル「女性」 ひとことコメント 自分のペースで描けるので楽しいです 次回作は? いつか色を使いたいです 廣田先生のコメント 光が強く当たっている様子がしっかりと描かれていてとても力強い雰囲気です。 モデルさんのお顔の
コース3_ジュニア, 制作年_2020年, 教室3_アトリエ・ミタカ, 画材2_アクリル

みつきくん(ミタカ・ジュニアクラス・柳講師)

タイトル「王者はヘラクレス」 ひとことコメント 木の細かなゴツゴツを描くのが難しかったです。 カブトムシの足が木にくっついて見えるようにがんばって描きました。 アトリエで絵を描くのはとても楽しいです。 次回作は? サッカ
コース3_ジュニア, 制作年_2020年, 教室1_アトリエ・エビス, 画材6_色鉛筆

中村陽菜ちゃん(エビス・ジュニアクラス・飯島講師)

タイトル「光りかがやくウミガメ」 ひとことコメント 海の中でおよいでいるウミガメをかくために、色をまぜたり、黄色系の色をたくさんつかいました。 次回作は? 金魚 飯島先生のコメント ウミガメが天空に舞っているような神々し
コース3_ジュニア, 制作年_2020年, 教室1_アトリエ・エビス, 画材3_水彩

きくち はるちゃん(エビス・ジュニアクラス・飯島講師)

タイトル「朝日」   ひとことコメント 色のぼかしが難しかったです。でも、うまく描けました。 光をうまく使って、雲を描くことにこだわりました。 次回作は? ふうけいを描きたいです。 飯島先生のコメント ちょっと
コース3_ジュニア, 制作年_2020年, 教室1_アトリエ・エビス, 画材2_アクリル

車 祐実ちゃん(エビス・ジュニアクラス・飯島講師)

タイトル「DOT」   ひとことコメント わたしはこれを描くのをかんたんて思います。 なぜならまるを描くのがかんたんだからです。 次回作は? わたしはうみのさくひんをかきたいです。 飯島先生のコメント 真っ黒に
コース3_ジュニア, 制作年_2020年, 教室1_アトリエ・エビス, 画材3_水彩

トモミーマン!さま(エビス・ジュニアクラス・廣田講師)

タイトル「おさるとモークン」 ひとことコメント 絵の具をぬるのに時間がかかった。 次回作は? まおうとかみが、たたかってるやつ 廣田先生のコメント いつも想像豊かな発想でトモミーマンらしさが爆発していて、面白い良い作品が
コース1_絵画, 制作年_2019年, 教室3_アトリエ・ミタカ, 画材1_油彩

E.Iさん(ミタカ・絵画クラス・中島講師)

タイトル「静物・花」 ひとことコメント 初めての油絵の具を扱い、以前使っていた染料と比べて 自由度が高く、楽しく描くことができました。 制作の幅を広げたい、という希望は早速かなったかんじです。 次回作は? 油に似た画材な
コース, コース3_ジュニア, 制作年_2019年, 教室3_アトリエ・ミタカ

優理香ちゃん(ミタカ・ジュニアクラス・中島講師)

タイトル「いちごとりんご」 ひとことコメント がんばったところはいちごとりんごをめだせるところです 次回作は? 町のようす 中島先生のコメント 何を描くか、考えるところから、真剣に取り組む優理香ちゃん。 いつも丁寧に考え
コース3_ジュニア, 制作年_2019年, 教室3_アトリエ・ミタカ, 画材2_アクリル

Tちゃん(ミタカ・ジュニアクラス・木下講師)

タイトル「蓮池の金魚」 ひとことコメント 私が今回の作品でこだわった所は、金魚です。 どうしてかというと、金魚の形は細かくてかきずらかったからです。 木下先生のコメント 綺麗な色をした蓮の花が、大きく咲きほこって目を引き
コース, コース3_ジュニア, 制作年_2019年, 教室3_アトリエ・ミタカ

ツッキイくん(ミタカ・ジュニアクラス・中島講師)

タイトル「星をながめるふくろう」 ひとことコメント むずかしくて手もよごれたけどたのしかった。 次回作は? ひこうきと昔の海がかきたい 中島先生のコメント アトリエのフクロウの剥製をモチーフに 素晴らしい作品に仕上げまし
コース3_ジュニア, 制作年_2019年, 教室1_アトリエ・エビス, 画材6_色鉛筆

ますぶち ひかりちゃん(エビス・ジュニアクラス・飯島講師)

タイトル「ライオン」   ひとことコメント くふうしたところは、ライオンの頭の毛です。 どうしてかというと、ライオンの毛は左右にはえているから大変でした。 次回作は? オオカミ 飯島先生のコメント 超ドアップ!
コース1_絵画, 制作年_2019年, 教室3_アトリエ・ミタカ, 画材1_油彩

O.Mさん(ミタカ・絵画クラス・中島講師)

タイトル「かぼちゃ」 ひとことコメント もともと「動物と食べ物」という組み合わせ描くことがあったのですが、 油絵でその組み合わせを描くのは初めてでした。 描き始めたときはどうなるかと思いましたが、 無事に完成して良かった